心と向き合う私の日々

感じたこと、おすすめしたいものなど気ままに

みんながそのうち大人として見られるようになる

今さらながら、自分はふと、

もう大人として扱われているのだなと思うときが増えたような気がします。

 

最近、いちばんそれを強く感じたのは

事業所で、私より歳下の女の子が入ってきて、

周りの人の反応が自分とは違うような気がしたからです。

あ、そうだ、自分はもう大人だったなと思ったのです。

なにが違ったのかというと

その人だけ名前でちゃん付け呼びしていたことと、なんとなく雰囲気で、気にかけてもらえている感じがしました。

 

正直なところ、とくに名前のこと、なんとなく寂しく、羨ましく思う自分がいます。

可愛がられていて、いいななんて思っちゃいました。

 

思えば、書道教室では、皆は苗字で呼ばれていますが私はほとんど名前でさん付けしてもらえます。

それが私はとっっても嬉しいのです。

 

 

 

いつのまにか、誰もがそのうち大人として扱われるようになる。

苗字でさん付けが当たり前、

意見があったり考えがあるなら自分から発する、自分から動くのが当たり前になる。

誰かから気にかけてもらうよりも、自分のことはで自分で気にかけ、人には気を遣うようになる。

歳上の人にも、歳下の人にも、敬うことが必要だけど、ひとりの人としてなにかものを言うことも必要になる。

 

大人になるってこういうことなんだな。

これは通らざるをえない道。

 

私は少しばかりは任せていいかなって思える人になれるだろうか。

 

任すのは無理かもだけどもう大人になったんだよ、私。

 

あのときのどこか不安定で、だけどそこで駆け抜けた時間は覚えている。

 

 

酸っぱいような苦いような気持ちを味わいながら

歳を重ねるってこういうことなんだなと思う

20代前半の私でした。笑

 

 

みんな、気持ちはいつまでも子どもで

だけど大人なのかもしれません。

無印のブールドネージュをまねっこしました

無印良品のこちらのお菓子。

f:id:suma_iru:20210224084351j:image

(画像お借りしています)

アーモンドの香ばしさや、さくっと食感、また白い雪の玉(スノーボール)と言われる見た目も好きでした。

 

今回、これをおうちでも作ってみました!

レシピはクックパッドでスノーボールと検索するとたくさん出てきたので、それで作りました。

小麦粉、砂糖、アーモンドプードル、バター

と材料はとてもシンプルです。

 

無印のものと比べると形は少し扁平になってしまったけど(丸めてオーブン台に載せたものの膨らむときに広がってしまいます...)

焼き加減もちょうどよく、可愛らしく仕上がりました。

しっかり捏ねて混ぜると、まとまりやすいとわかりました。

f:id:suma_iru:20210224085130j:image

無印のブールドネージュ1袋より多く作れて、お得気分になりました。

大好きなものを好きなだけ食べられる幸せは格別です。

とはいえ食べすぎには注意なので、家族でシェアしました。

 

市販のお菓子を再現するのはとっても楽しいです。

簡単に作れるので是非作ってみてくださいね。

 

 

見てくださりありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

就労継続支援B型事業所ってどんなところ?

今日は私が通っている、就労継続支援B型事業所について書きたいと思います。

また、似たような名前に就労継続支援A型事業所や、就労移行支援事業所もあるのでそこについても書きたいと思います。

 

個人的な見解で書いていますので、本当に詳しく知りたければ役所で問い合わせるか、専門のホームページなどもありますので見ていただければと思います。

 

続きを読む

流行りのスコーンサンド。スコーンに好きなものを。

 

スコーンが大好きすぎるので今日もスコーンのお話。

 

スコーンに好きなものを挟んだ、スコーンサンドを紹介します。

最近、スコーンを作っているカフェでの提供が増えているように思います。(贔屓目もあるかもしれませんが、増えてます)

 

スコーンには、ジャムかクロテッドクリームを添えるイメージがありますが、たまには気分を変えて別のものをサンドしてみてはどうでしょうか♪

 

スコーンは買ったものでも作ったものでもOK。割れ目で切って二等分します。

そして、好きなものをサンドします。

私は抹茶スコーンに餡子と生クリームの組み合わせがたまらなく好きです。

f:id:suma_iru:20210222092202j:image

 

こんな感じで手軽にできます。

 

ほかにもあんバターをはさんだり、

生クリームとフルーツを組み合わせたり

とケーキのようにバリエーション多く楽しめます。

 

スコーンはあっさりした味わいで、甘さも控えめなのが多いので、サンドした素材の味を引き立て、絶妙な組み合わせになると思っています。

見た目も華やかになってとっても楽しいです。

 

 

 

 

 

見てくださりありがとうございます。

 

【ものを増やさない方法】収集癖のある私が考える

私は自分では収集癖がある方だと思っています。

ミッフィーグッズ、紙もの、マステ...などなど

たくさんのものを集めてきました。

昨年はまだ不安定な時期が多く、私は欲しいものはすぐに買ってしまいました。

ものを買うことしかご褒美にできなかったです。

ですが、最近は気持ちも安定してきているのと、お金もいつかは底を尽きてしまうため、自分の買い物の仕方を見直そうと思いました。

 

私が意識していることを書きます。

 

①「みんな」が持っているから欲しいと思ったものは、本当に自分が欲しいものかを考える。

 

よく、みんなが、って言ってしまいますが、インスタなどでみると本当にみんなが持っているように錯覚します。

購入意欲をそそられちゃうことありますよね。。

そんなときにしっかり自分の心で吟味したいです。

それは本当にときめきさせてくれるのか、を。

相手と自分を線引きし、自分が買っていいのはここまで、と線引きします。

 

この頃考えるのは、多くの人が持っているものを自分も持っているより

自分が見つけたとっておきのものが買えた方が嬉しくないかということです。

欲しいものを取捨選択できたらいいな。

 

②衝動買いはしない

いったん気持ちを落ち着けて、できればその気持ちを家へ持って帰ったり、翌日もう一度考えたりしてまた改めて買い物したいなと思います。

気持ちはコロコロと変わっていくときもあると思います。

 

もう一回覗いて、もし売れちゃってたら、ああ、縁がなかったんだってそんな風に受け止められたらなと思います。

 

③ものを持っていることが羨ましいという考えを手放す

自分の欲しいものを持っている人をみると、いいないいな...と思ってしまいます。

けれども本来は自分の気持ちを形成するのは自分自身であって、できればものに頼ることではないと思うのです。

(ものに頼らないとやっていけないときもあると思います。そんなときはたくさん頼ってほしいです。)

ある程度のところで自分を受け入れられたら、あとは自分の気持ちで自分を形作っていきたい...。

持ってることだけが幸せじゃないよ、たくさん羨ましがることではないよと言い聞かせたいです。

 

 

以上が私の意識していることです。

 

 

松浦弥太郎さんのことばに印象的なものがあって

「すべてを満たすものなんてない」のだそうです。

これはいろんなことに言えると思いますが

ものがたくさん溢れていて、持っていればなんでも欲を満たせると思いがちだけど、全部が揃うものってないんだとわかります。

 

もっともっとと思うより、あるものを大切にできて、幸福感の高い人になれたらという思いでいます。

 

書いていて思うのですが、

こういうことを言えるのは自分の気持ちが安定しているからで、調子良く過ごせているからこそだと思いました。

やってること全てが自分にとっての当たり前に思ってしまうけれど、その当たり前ができない時期があったということを忘れずにいたいです。

 

 

見てくださりありがとうございます。

 

 

過食を治す道のり。過食の囚われから解放されました

今日は私の過食脳のとらわれがなくなった方法を書いてみたいと思います。

自分なりの発見があったので残します。

まだ私も回復途中です。言ってることが偉そうに聞こえないかが心配ですが、それでも書いてみたいと思っています。

 

 

まず..過食を治そうとする前に気持ちを安定させることが先決だと思いました。

これをなしに過食は治せないのではないかと思うほどです。

過食は脳の暴走、心のsosだと思っています。

なんともいえないイライラやストレスの吐口が過食です。

エネルギーが足りないから自分の力では満たすことができず、食べ物に頼ってしまいます。

それだけストレスがかかっているということです。

よく私は、何もストレスないはずなのに過食するという悩みを抱えますが、これがもう危険なサイン。

ストレスがないはず、と自分を縛りつけることが心にとっては苦しいのです。

 

私は事業所に通ってみようかなという気持ちが出てきたのと同時期に、食生活にも気をつけたいなと自然と思うようになりました。

このような思い、ほんとに何年ぶりかとびっくりしました。

無理せず自然と現れた思いでした。

今までは気をつけたい、意識したいと思いつつ、心の中ではずっと食べたい食べたいと思ってました。

 

私が回復したいと思った理由としては

 

①ホルモン検査でたまたま中性脂肪の値を測定して、高すぎて驚愕しました。

そのあとになんとなく薬局で血圧を測ったらしたら血圧が最高血圧130で本格的にまずいと思いました。

かつては健康思考だったのに、こんなふうになってしまったんだ...と思い気をつけたいと思いました。

数字にして現れると警戒します。

 

②気持ちがとてもとても安定しました。

新しいことをやってみたいなという気持ちが無理せずわきでてきました。

過食を治したいという思いが自然と出てきました。

ここまでくるのに時間がかかってしまいましたが、回復するための過程だったと今は思えます。

 

 

では、私がどうやって食生活を気をつけているかを紹介します。

それは、おやつを見えないところに隠してもらうこと!

手の届くところにあるとどうしても食べたくなってしまうからです。

私は母の部屋の押し入れに隠してもらったりしています。

もう一つ、お菓子は必ずシェアすること。

いくつ食べたという確認もできるし、食べた感覚もつかめるのでそうしています。

 

こうすることで、自然と食べる量を抑える習慣をつけました。

効果は、12月から4kg落とせました。

 

 

気持ち安定→過食を治す

という順番は、ときには焦ってしまうこともあるけどその通りだと思えました。

自然と治したい気持ちが湧いたというのがいちばん大きな手応えでした。

このような気持ちになるなんて思っても見なかったです。

人の気持ちは変わり、思いも行動も変化するものだと改めてわかりました。

 

まだまだ回復途中なので、無理をせずやっていきたいです。

 

見てくださりありがとうございます。

 

 

【覚王山フルーツ大福 弁才天】で至福なとき。贈り物にも

先日、とてもおいしいフルーツ大福を購入しました。

覚王山フルーツ大福 弁才天

http://benzaiten-daifuku.jp/

 

購入したのは、あまおう、マンゴー、キウイのフルーツ大福。

価格はフルーツにより異なり一個420〜750円ほどです。

f:id:suma_iru:20210217192404j:image

大福は付属の糸で自分でカットします。

断面がとても素敵です。

フルーツの香りが広がります。

 

素材にとてもこだわっていると感じました。

フルーツの甘みがすごい。

こんなジューシーで甘いフルーツ、単体では食べたことないというほどでした。

求肥はとろけるようなやわらかさです。

白餡の甘さも控えめで、スイーツの甘みが引き立つように調整されています。

まさに黄金比

 

これまでフルーツ大福は、単体の方がおいしいと思っていたり、餡とフルーツの組み合わせを敬遠していたりしました。

それが、今までの考えを覆すほどの美味しさでした。

 

彩もよく、とても上品です。

自分へのご褒美や贈り物にぜひ、購入してみてほしいです。

 

 

見てくださりありがとうございます♪